読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成長するか、戦争するか

経済成長しないと戦争になる。のか?

なんつーのは大げさですけれど。「貧すれば鈍する」で人心が荒れ、治安が悪化して内乱になったり。そしてそれを政治家がうまく外に向ければ戦争になる。恐ろしい恐ろしい。という話の原理を考えてみましょう。


ホントに経済成長なんて必要なのかよ?なんでだよ。って話。


結論を先に言ってしまうと、
自由経済」には経済成長は必要ない。っていうか関係ない。
「資本主義」には必要。成長しないと死ぬ。もう死んでいる。


 まずは「自由経済」と「資本主義」は違うって認識が必要です。「自由経済」理論だけなら経済成長は必要ない。するなら勝手にするし、しないならしない。市場が決めること。経済が決めること。アダム・スミスフリードリヒ・ハイエクはこう言っている。それはそれで、分からんではない。それで済むなら別に経済成長は必要ない。


 しかし「資本主義」は結局これだけではどうしても回らなかった。投資という概念があるから。未来に対する「収益期待」が投資行動の原理。資本主義では、未来は必ず成長していなければならない。成長しないと利払いが出来ない。資本主義が成り立たない。致命的。ここに「資本主義」と「自由経済」のズレが生ずる。2%のズレ。「株式市場」は「市場原理」では動かない。これを一緒くたにしてしまっているのが現代経済学の問題、或いはインチキ、ないしカラクリ。

 ケインズによれば、投資利回りの最低ライン目安は年率2%。この「2%」が大きく作用する。何度でも言うが、こんなのは100年以上前から分かっている。知ってて黙っているヤツらがたくさんいる。皆が知らない方が都合がいい。


 以下、思考実験。ものすごく単純化します。一国の経済がこうも簡単にスタティックに切り取れるハズはありませんが、考え方のモデルとしては有効と思います。ツッコミを想定した補足条項は(鬱陶しいので)下の方に書いておきますので、素直な人は見なくて構いません。


ではでは、ちょっと考えてみてね。某国の年間GDPが500兆円、そのときの株式時価総額が300兆円だったとする。

〇 4% 成長モデル

年4%の経済成長があったとすると、翌年は+20兆円ですね。これを労働者と株主で10兆円ずつ折半することにする。

実体経済にプールされる金:500兆→510兆 2%UP
株式市場にプールされる金:300兆→310兆 2.6%UP

 このように、GDPでは2%成長になる。資本主義が借金で成り立っている以上、利払いは必須です。「GDP三面等価の法則」からすると、理論上は労働者の賃金はGDPに比例するので、2%増えているはず。これを20年間継続するとこんな感じ。
 
f:id:fnoithunder:20170314213030g:plain

実体経済 500→728 1.46倍
株式市場 300→528 1.76倍

 このモデルでは株式市場の方が伸びが大きい。実際の世界経済もこの傾向。これがトマ・ピケティの「21世紀の資本論」で有名になった「r>g」のこと。資本主義はおよそ「return>growth」「利回り>経済成長」になるということです。

 労働者の分配も46%増えているので、そんなに文句は出なさそうではあるけれど、これも一概には言えない。例えば労働人口が50%増えていたなら、一人あたりの賃金は低下している。まあ、混乱の元なので、そんな話は今はやめておきます。

〇 1%成長モデル

 元が500兆なら、経済成長による経済拡大は5兆円になりますね。でも株主への利払いを最低ラインの2%還元とすると6兆円必要。実体経済側は1兆円の赤字になる。

実体経済にプールされる金:500兆→499兆 0.2% DOWN
株式市場にプールされる金:300兆→306兆 2% UP

1%の成長では2%の利回りを賄えない。仕方ないので労働者の賃金を減らしたり、設備投資をケチったりする。これを20年続けるとこんな感じ。
 
f:id:fnoithunder:20170314213704g:plain

実体経済 500→455 0.91倍
株式市場 300→437 1.46倍

1%成長では、実体経済はマイナス成長になる。実体経済が縮小しているのに株式市場は拡大し、利回り負担が増えていく。実体経済の締め上げはどんどんきつくなっていく。

〇 ゼロ成長モデル

 言わずもがなってことろですが。ゼロなんだから利回りなんぞ払えるはずがない。でも払わないと株主が逃げ出して株価が暴落、会社は次々に倒産し某国経済は大混乱!?なんてことになってしまっては、まさに「元も子もない」ので仕方がない。とにかく2%の利払いモデルで計算してみましょう。単なる思考実験ですし。

実体経済にプールされる金:500兆→494兆 1.2% DOWN
株式市場にプールされる金:300兆→306兆 2% UP
 
f:id:fnoithunder:20170314214334g:plain

実体経済 500→363 0.73倍
株式市場 300→437 1.46倍

 おお凄いことになってる!ゼロ成長なんだから変化しないんじゃない?なんてとんでもない! 27%もの経済縮小。対して株式市場は46%も成長してしまったので利払い負担ばかりが増えていき、経済縮小が加速していくうううう!!という酷い有様に。恐ろしい恐ろしい。



 ツッコミ避けに書いておきますが、もちろんこんな単純な話ではないですよ。成長=粗利みたいな話は安易過ぎだし。投資家は全てを再投資に回すわけではないし。労働者だって投資する人もいるし。今は投機も盛んだしキャピタルゲインの方が主流だったり。倒産して紙切れと化す株式だってあるし。それに資金用途は株だけじゃない。預金、国債、土地、保険、外貨などの運用もあるし。俺くらいの年齢のサラリーマンなら自分名義の年金基金支払いは延べ1000万を超えているだろうし、その幾ばくかは図らずとも投資資金となっているだろう。


 ただ、ざっくりと、資本主義の基本的なカネの流れはこういうものだ、と知っておくのはよろしいかと。


 封建社会と変わらず、お代官様に上納金を支払わねばいかんって話で。いやもっとたちが悪いとも言える。株式市場は膨らんでいくので上納金が増え、実体経済は締め上げられる。ので実は、株式市場以上に実体経済が成長しないと、理屈の上では資本主義はうまく回らない。でもそんな状態は奇跡なんだがな。困ったものだな。


 実のところ日本経済は1997年頃から縮小傾向になってる。実体経済からGDP比で年2%程度の資金が引き揚げられてしまい、株式、債券、土地、預金、保険、外貨などの「金融市場」に移動している。とすると、3番目のゼロ成長モデルより酷い数値になりそうですが、そこまではいってない。なぜかと言えば、

① 日本の株式市場は平均2%の利払いすらしてない
②「金融市場」に移動してしまった資金を政府が「借金」して「実体経済」に戻している。


 特に②が大きい。政府が借金して実態側にカネを戻してやらないと日本経済は干からびちゃう。政府予算の「プライマリバランスゼロ」なんて達成した日には(年には)、年2%のマイナス経済成長は約束されたも同然。朝日新聞とか日経新聞とか毎日新聞とか、なんでこれが分からんのだろう。不思議だあ。


 更にここ5年くらいは政府による「実体経済」への資金戻しだけではなく、日銀による株式市場への資金投入も盛んにおこなわれているね。これは事実上、日本株を投資家に買ってもらうための、日銀(国)による「自社株買い」のようなもの、っていうか「自国株買い」っつーか。企業による配当金(インカムゲイン)の代わりに日銀が売買収益(キャピタルゲイン)を期待させ、国が投資家に事実上の配当金を出しているようなものじゃないかな。いやあマジ酷い有様だな。日本の資本主義は死んでいるよ。アメリカもか。世界的な傾向だな。



まあなんか、これはもう、どうにもならないから、皆、口をつぐんでいるのかなあ。


こんな時に人類は、いかにこれを解決したかって、戦争なんだよ。戦争による大破壊、大破壊による極端な物不足、物不足によるHYPERなINFLATION、INFLATIONによる貨幣の破壊。だからつまり戦争ってのは人類のecosystemに組み込まれているんだよ。資本主義と戦争はセットなんだねえ。


困ったねえ。


※ご参考(別に本記事のようなことが書いてあるわけではありませんが)

「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 (講談社現代新書)

「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 (講談社現代新書)

「ビリギャル」(映画版)に感じた違和感

ああ書かずにはいられない。書かずにはいられないんだ。
 
 先に書いちゃお。釣りタイトルです。(たいした)ネタバレなしですが。ネタバレもなにもあったもんじゃないよねこの作品。最後は某有名私立、KO大学に合格するみたいですよ!どのKO?


www.youtube.com


 Amazonプライムで観ました。(実話が元になっているという)原作となった本は未読ですけれど。実話ゆえ、みんな見る前から結末は分かっているわけで、ある意味、映画制作としてはとても難しい作品。劇画調というか大げさというか、ドラマティックに仕立てて興味を引こうというような感じではあるものの。当然ながらとっても予定調和的ではあるものの。しまいにはちょっとうるうるっと来てしまいました。合格できてよかった!やったねさやかちゃん!歳のせいかすっかり涙もろくなってしまった。いいお話でした!


 それより皆さん、気付きました?さやかちゃんが最後、東京へ向かう新幹線に乗ってるとこ。名古屋から乗ったんだから座席の向きはあってるんだけれどさ。E2系1000じゃん、JR東日本じゃん!

え、どうでもいいですかそうですか……


f:id:fnoithunder:20110206151609j:plain

この座席でした。
f:id:fnoithunder:20090904101119j:plain


 窓が大きいというか長い。2座席で1窓の新幹線車両はE2系1000と2階建てのE4系MAXのみ、いずれもJR東日本所有。さやかちゃんが乗ってたのはE2系1000で確定、これは東北新幹線でしか使われてない。大きい窓は剛性で劣るため、安全性や高速化で不利、新幹線は1座席1窓の小さい窓がスタンダードになっている。東海道新幹線では国鉄の0系時代に、トンネル通過時の風圧で大窓が割れるというトラブルもあり、現在は全ての車両が小窓。


f:id:fnoithunder:20090312114431j:plain
こちらがJR東海N700系。比べるととても窓が小さい。飛行機っぽい。


 やっぱアレかな。最後、坪田先生が河川敷で手を振ってるのを見つけるシーン。N700系の小窓では絵面がイマイチだ、ということになったのかな、などと思いました。


以上です。どうもお騒がせしました。

小池 vs 石原! 新旧都知事グダグダ対決!!

goo.gl

 だいたい三浦さんのおっしゃる通りと思います。石原さん歯切れ悪く、カッコ良くはないけれど、大組織のトップの答弁としては問題はない。質問者の方が意地悪で世間知らず。これで石原叩きに行くのは無理筋。


www.nikkei.com


私の嫌いな橋下さんも小池サイドの問題を指摘しているぞ。ツイッターで。


その論理だと今回のこの不適切な水質モニタリングの責任は全て小池さんが負わなければならない。これまでのブーメランだ - 3月5日のツイート



すっかりグダグダ感の漂う豊洲移転問題。さて面白おかしくネタにできるか。
プロブロガー(笑)の腕の見せ所だー(棒)


問題点は3つ!
① 政局
② 建築物の下に盛り土が無い
③ 環境基準を超えた汚染水


3つと言いつつ、事実上①が100%です。豊洲移転は「政争の具」以外の何物でもない。のでマジでやる気しないのだが。ちゃんと書かないと意味分からんよね。やります。

①政局

 まずこの二人、小池さんと石原さんは似たもの同士。目立ちたがり。国政では目立てないと見るや、国会議員から東京都知事に転身。二人とも政治家としての矜持は無いな。私利私欲中心だろう。まあそんな政治家は多いし仕方ないけど。でもどっちも政局を読むのはうまくない。石原さんが大阪維新と野合した時は呆れ果てた。衆議院で当選するも齢八十で総理への微かな野望も潰え、やる気を失って引退。ざまあとしか。


しかしこの二人、対照的なところもあって、石原氏は政局が嫌で都政へ逃げた感があるが小池氏は逆、チャンス!と見て都政に打って出た感じだ。政局大好き。しかし、このグダグダぶりを見ての通り失敗してる。今回の豊洲はどこかで早めに「物証的には勝てる状況にない」ことに気づくべきで「やむを得ず移転続行」を決断するのが適切だったろう。しかし「決断を先送りすることを決断する」事しかできなかった。ブレーンがアホなのか、本人に本気度が足りないのか。まあ、豊洲に目を付けてる時点で政治的センスが足りてないってこったな。
 
 この辺が所詮素人、政治ごっこ、政局ごっこに過ぎないんだよな。例えば小沢、小泉、橋下とかだったら、こんなしょうもないグダグダは絶対にやらかさない。勝負どころも的確で決断も早い。不味そうなら即撤退!

②建て屋部分に盛り土がない

 前にも書いたけれど。巨大鉄筋構造物を土の上に立てるとか常識的に有り得ない。これは建築担当行政官、建築業者の説明不足があったようだ。建築の常識なので説明の必要性に気付かなかったのかもしれないが。これマスコミも分かってる。報道しない自由。都側が説明不足だったからオレ達もちゃんと説明しなくていい!という。


blogos.com


 以前に「国土強靱化」の藤井聡さんも言ってたけど、地下は頑丈な構造物で固めてピットという地下室を造る工法が、盛り土よりもはるかに耐震性が高いし、排水設備だってちゃんと用意されるから、沸き出てきた地下水は確実に海へ廃棄できる。直下に土を入れて染みこませてしまうより衛生面でも優位。

 つまり現状の工法は、盛り土よりも安全で衛生的でコスト的にも優位。良いことずくめなのだった。多くの建築専門家がこれを言ってる。豊洲の工法は何が問題になってるのかサッパリ分からないと。


 今の状況では都行政が信用できない、というのも確かに仕方がないのだが。明らかに行政よりも報道サイドが酷い。そりゃ信用もできなくなるわな。マスコミと都知事がグルになって不安を煽り、自己保身を図っているのが悲しい。これは皆さん行政よりも都知事とマスコミの方が信用できない案件だよ。

③環境基準の何十倍だかの汚染地下水

 なぜか「直接飲用したら有害か」という「食品安全基準」で「埋立地の井戸水」を評価している。なんでそんなことしているのかが不思議。後々で問題にならないよう、「ちゃんと安全性を確認してますよ」という証拠を参考程度に残しておこう、というポーズのようなものだったのか。大した考えなしにやっていたんだろう。これが問題になってしまった。

 一応は環境省ガイドラインに準じているようだが、食品ではないので〇〇以下ならOK、〇〇以上はダメ、という基準はない。これもマスコミは知っててわざと黙ってる。何十倍もの汚染!とか言って騒ぎ立ててる。「なぜそんな発表してるのか知らんけど、そういう発表してる都側が悪いのだ!!」というスタンスのところが多いようだ。なんだかなあ。

「直接飲んでいいレベルの地下水が出ないところはダメ!」という基準なら、東京ではどこへ行っても駄目だろう。移転先はない。廃業するしかないな。

 これは、「明確な基準もなく、ただ何となくポーズとして測定していただけ」という問題である可能性が高いんじゃないかなあ。数値を取り上げて騒いでも無意味だと思うんだが、もう取り返しが付かない状況か。あーあ……

まとめよう

① 政局
 どうでもいいだろう。政治はエンタメじゃないよ。

② 盛り土
 そもそも建て屋部分に盛り土は必要ない。説明不足。
 → 今後はそういう説明の手抜きをしないようにしましょう。

③ 地下水汚染
 基準がない。前例もないし、なんとなくやってただけ。
 → そんなだから「お役所仕事」とか言われる。
   今後は基準を明確にして計測しましょう。築地を基準にするとかね。


こんな感じじゃないかなあ。移転そのものは特に問題はないだろう。とっととやれよ。


終わりっ


でいいだろこれ。