怨嗟スパイラル

なんつーか、言及されたのでご紹介。
私のせいで、まさりんさんを怨嗟スパイラルに巻き込んでしまった気がする。
ごめんなさい。

masarin-m.hatenablog.com


コメント欄に返事を書こうと思ったのですが、長くなってしまったので記事にしました。私信ですので、みなさんは軽く読み流して下さいね。


~~~~~~~~

 私の場合、hagexさんのブログはあまり読んでいなかったし、よく分かりませんが多分私のことも知らなかった気がするし、付き合いも無かったので。驚きとか寂しさみたいのは人並みに感じてはいましたけれど。あんまり、動揺したという感じではありませんでしたね。

 今回の話題について、私とまさりんさんの考え方は異なっていますが、まさりんさんの意見は尊重することができます。ブログを書くこととかブックマークとかの、いわゆる「表現の自由」は等しく尊重されるべきです。そして、書いたことに伴う責任も等しいものです。ブロガーだろうがブックマーカーだろうが。NHKだろうが朝日だろうが産経だろうがフジテレビだろうが、人気作家だろうが、映画監督だろうが、川上さんだろうが私だろうがはあちゅうだろうが。たとえ半径5mレベルの日記にだって、公表するからには相応の責任は発生すると思っています。例えばスピード違反自慢とかダメじゃないですか。個人なんだし、とか、どうせたいして見られてないし、とかいうのは、免罪符にならないと思うのです。川上さんにはそういう意識が欠けているし、何がいけないんだ、という態度と思いました。そして、やっぱり個人ブログにはそういう傾向、甘えがあると思っています。そして、ブックマーカーには、さらにそういう認識が足りない。乱暴な言い方になりますけど、正直個人ブログはクソだと思うことは多いのですが、それ以上にブックマークはクソだと。そこは確かにまさりんさんのおっしゃっている通りなのです。

 ただ、所詮は「はてなブログ」や「はてなブックマーク」自体は単なる道具でしかなく、ユーザーによって使い方は多種多様です。「道具」になにか統一的な意思や見解があるわけではなく。バラバラの個人、の群衆。現状は「自由」というよりも「無秩序」と言った方が正確でしょう。「無秩序」は、どうしようもなく窮屈になっていく。こんな状況では、楽しく、自由に表現していくことなんでできない。これは「道具」のせいでもないし、「ブロガー」とか「ブックマーカー」とかの、統一意思や支配力をもった、有害なエスニック集団が存在するわけでもない。どうしたって利用する個人に帰結する問題、として扱うのが原則、という感じです。zeromoon0さんがよくおっしゃってることですね。


 どうせ良い方には進まないんだろう、ロクなことにはならんだろう、みたいな諦念はあるのですけれど。それでも今回、fujiponさんとかzeromoon0さんとかシロクマさんとかtyoshikiさんとかplagmaticjamさんとかあざなえるさんとか。多くの人たちが記事を書いていたように。ダメ元であっても、なんとか良い方向に進んでくれないかなあ、というようなことで。「自由な表現」のための指針。責任の所在。私たちがコンテクストを紡いでいかなければならない。


できることからコツコツと。

そんなところです。そのうち、もう少しなにか書くかも知れません。
今後ともよろしくです。