読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノセント

小説

 前回はつまらないものを読ませてしまって本当にどうもすみませんでした。自分が思っていたよりも随分とスベったようだ……尺を考えると鉄道周りや謎の男エピソードが余計だったのかな。

 ヘタに言い訳を書き連ねるとますます悲惨な事になりそうなので、どうしたものかと思いましたが……スベりついでに、答えだけ簡単に述べておきます。「富野ガンダム」を知らん人にはますますよう分からん話と思いますけれど……

 富野由悠季さんワールド的な何かです。『機動戦士ガンダム0493 薄幸のルナ』とかそんな感じ!ガンダムなのです。まあでも世界観的には『戦闘メカ ザブングル』の方が近いかな。ルナとリュウは「イノセント」と「シビリアン」、ザブングルにも裏設定でスペースコロニーはあったんじゃなかったっけ。アーサー様とエルチだと思って読めば、どうってことのない単純な話……

 タイトルの「ラグランジュ」やら「ルナ」という名はガンダムで言う「スペースノイド」の暗示で、ルナは月の向こう側、サイド3から来た女の子、実はガンダムパイロットで地下にはカツのお望み通り、モビルスーツが隠してあるかもしれません。『リュウ』はガンタンクの人をイメージしています。ドアンでもよかったかな。まーこの辺の設定は話とはあまり関係ないし要素としてもちゃんと盛り込めなかったのだから、どうでもいい事ではありますが。


www.youtube.com


……しかしまあ、文庫本で言えば、たかだか7~8ページの容量で一体何が書けると思ったのか。バカなことをしでかしたものだよ。まあ、他にも色々ありますが、もう書くのはやめておこう。



fnoithunder.hatenablog.com

 ここで紹介したとおりで『短編小説の集い』は投稿作品が7本未満なら来年1月で最終回にする、っていう話になっていました。「短編小説の集い」常連のまさりんさんもこの件について正直に書かれていましたね。


masarin-m.hatenablog.com


 私は「挫折気味だ」なんて書いてたので何か見透かされた感じ。感覚的に、小説記事の労力はいつものブログ記事の5倍くらいか。今年は概ね月5~6回のブログ更新なので、つまり今回の小説だと1ヶ月分くらいのリソース使ってる感じなのですが、でも手応えは半分以下だし。特に今回みたいにスベった感じだと、まったく何やってんだかなー、アホだ-、と凹んだりする。「承認欲求」という意味では小説は最悪だよ。こんなもん毎月出してたら読者さんに見放されるだろ。

 まさりんさんのおっしゃっている通り、これを好きこのんで毎月やるとか基地害沙汰……かもしれません。これが楽しいって確かに「狂者の論理」かも。常連のまさりんさんやなおなおさん、主催者さん、皆さんおっしゃっていたようなことではありますが、かなり無理して書いてんなーと思う時はありました。私も2作目にしてムリヤリ絞り出した感があって、早くも力尽きた感ありました。

今回の参加について

 今回の「短編小説の集い」はかなり早い段階で2本の投稿が挙がっていました。で、私が考えてたのは、このあとプラス常連さんから2~3本くらいとすると、自分が参加することで存続することになるかどうか、微妙なラインだな、さてどうしたものか……で、結局書いたわけですが。
 参加数は9本でしたので、規模縮小しつつ存続が確定したことになりますね。なんだかほっとしています。ってことはやっぱり続いて欲しかったんだな俺は。だから参加したんだろう。でもきっと、こうでも言われなければ参加しなかったろうし。何がしたいのか自分でもよく分からんな。この場を留保して欲しい、とは思っていた気はする。

参加者としての意見など

・言い訳してるみたいでアレなんですけど! 一回目もそうだったのですが、どうしても尺が足りない。1万字くらい欲しいかなあ。しかしでもでも1万字なら確実に書けるという訳でもなく、書き始めると5千字に収まらない。字数制限が緩いとありがたいですね。

・開催は隔月くらいがいいのでしょうか。季毎くらいだと頑張れる気もする。でも気のせいかもしれない。でもやっぱりこういう催しがないと結局書かないし書けないんだろうなあ。zeromoon0さんはこの催しって、きっと当初の目論見からはなんか外れてきてる感じなのかな、という気もしますが、やっぱり私はもう少し続けて欲しいと思っています。