読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強靭化のすすめ 総集編 その1

Strategy

あああ、何だか書く気が起きずにボヤボヤしてたら年が変わってしまったよ。
みんな今年も世露死苦ね!
 
 年末は皆さん振り返り記事いっぱい出ていましたね。私もやろうと思っていたのに。今からやるってのもヘンですけど、やります。自薦の記事とか今までやったこと無いんだよね。ちょっと前に書いたとおりで、年末年始関係無くこのブログは一区切り、という考えがありますので。

今更マイベストエントリ

 2年間で167エントリですから、そんなに多くはないですが。そこそこ長文が多いし、大概は気合い入れて書いているのでどれもこれも思い入れは強いです。選ぶのは意外と難しいな。ベスト5を選んでみました。

1位
fnoithunder.hatenablog.com

 中野学校生の面目躍如って感じ。まあ、カテゴリの「中野学校」「新古典派経済学」「リフレ理論」「マネーゲーム」辺りはどれも良エントリだな。「百年経っても色褪せない」かどうかはともかく、真価を発揮するのは3~5年後辺りだよ。読んでおいて損はない!う~ん自分で褒めるのってやっぱマヌケだな……


2位
fnoithunder.hatenablog.com
 
 こちらをベストにしたい、という気もあったのですが。ブログ趣旨からはちょっと外れた記事なので。非常に珍しい、自分自身に関する話。かなり苦労して書いた。


3位
fnoithunder.hatenablog.com

 掌編小説風の実験的な記事。元は3/14の震災の日に出そうとしていた記事。なぜか7月に。確か一時的にネタ切れ状態で、仕方なくストックから出したんだった。下書き自体は2月頃に出来ていたが、公表する勇気がなかったのだった。
 一人称が「俺」になっているけど明らかに私とは別の架空の人物。この人の「親父」も含めてメタファになってる。

小説の如く始まるのだが、途中からコントの台本みたいになってしまう。小説の作法からは外れているし、技法的に駄目なんじゃないかとかなり迷った。でもこれはブログ記事なんだし、コント風にすることでマヌケさを演出できているし、これはこれでありだろうと。

説話だけで終わらせられなかったのは、「表現」の初心者だったからかな。


4位
fnoithunder.hatenablog.com

むやみに難解なやつ。かなり頑張って書いたのですが、スベった感じ。きっと評判も悪かったと思います。読まなくていいです。どうしても水輪ラテール氏に読んで欲しかった記事。水輪氏は、私がこの記事を投稿した数時間後のツイートを最後に消息を絶っている。


5位
fnoithunder.hatenablog.com

言わずと知れた?記念すべき短編小説第一号。まあ「供給能力」の話も小説風なんですけど、あれはノーカウントで。



まあ、これらは自分で気に入っているというだけで、とくにオススメ、というわけでもありません。オススメ記事は次回以降にまたやろうと思います。