読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式投資とは何だろうか

 アベノミクスの政策を「金持ち優遇」とか文句ばっかり言っている奴は負け組。現金を貯金で置いておくだけなんてもったいない。愚痴ってないで積極的に「アベノミクス相場」に参加しようぜ!みたいな記事を最近はてなブログで見かけたのですが、ブックマークを忘れてしまいました。心当たりのある方、教えてくださいませ。内容はうろ覚えなんですけど。
 
 そのブログ、こんな話が書いてありました。「買った株が人気が出て値上がりすれば、その会社の業績も上がるしオレも儲かるし、良いことずくめ」 とかそんな感じ。これは間違っているんですが、念のため一応説明させて下さい。
 
 以前にも書きましたが、上場株式はセカンダリ(中古)市場です。例えばcild氏がトヨタ自動車株を一千万円買ったとしてもトヨタには一円も入らない。中古ですからね。株がどんなに高値で取引されようが、それが原因でその会社の業績が上がる、ということはあり得ない。


 例えるならYahooオークションで個人からトヨタの中古車を買うようなもの。Yahooに手数料、銀行には振り込み手数料。その売り主が転売ヤーだったなら、彼は仕入れ値との差額を得られる。中古のトヨタ車がどんだけ高値で取引されようが、トヨタ自動車の利益には関係ない。

 株式投資も原則的には同じ。株式売買と会社の利益に直接的な関係は無い。簡単な話なのですが、意外と理解されていないような。そりゃ間接的には関係ありますけど。でもここはハッキリさせておかないとね。

株価はどうやって決まる?

あくまでも未来予測です。トヨタ自動車株の値上がり判断材料は以下の二つ。

① 「トヨタ自動車の業績が上がりそうだと思う」
② 「トヨタ自動車の業績が上がりそうだと思う人が増えそうだ」

 特に重要なのは②。事前予測で業績が高いと考え、買いたがる人が多ければ値が上がっていく。期末の決算が期待外れならば、売りたがる人が増えて下がる。期待以上ならば買いたがる人が増えてまた上がったり。
 
 株券を売買する人の予想や期待が集計されて値段が決まります。馬券と同じす。これ言うと、知り合いの「個人投資家」が怒ります。崇高な投資行為をあんな下賤なギャンブルと一緒にするな!


 値段は取引されるたびに刻々と変化し続けますし、期末には株主への利益配当(インカムゲイン)もあるし、確かに競馬のシステムと同じではありません。しかし実のところ、セカンダリで取引している人の大部分が(本当は)インカムゲインの受け取りなどどうでもいいと思っている。デイトレードスイングトレードも、狙いは売買差額をできるだけ大きく取ること(キャピタルゲイン)だけ。
 
「株式投資」と言われているものは基本的に「利益配当請求権」の売買です。「権利」を日々ひたすら転売し続けて差額で儲けるってことです。転売屋が崇高って意味不明っす。


 キャピタルゲインインカムゲインをごっちゃにして、ヘンなこと言ってる人が多いような気がする。
 
 東証など国営カジノ以外のナニモノでもない、と思っているのですが、これを認めない人ホントに多い。そんなこと言ってるから勝てないんだよ。と思いますが。人それぞれですかね。

オレはどうなんだ

 「株式投資」に批判的なことを書きました。ウチの記事では時折マネーゲームに批判的な話を書いています。これ、前々から釈明というか、説明が必要だと思っていたのですけど……

 このブログでもそうですが、私は普段から株式「投資」という言葉は使いません。必ず「マネーゲーム」と言うようにしています。リアルでもそう。セカンダリに金を入れるのは原則的には「投資」ではないので。これは非常に強く拘って使っています。ので、これも知り合いの「個人投資家」からは非常に嫌がられます。

特にFX「投資」とか完全に意味不明。どこが投資?
先物はあんまり投資って言われないですね。先物「投機」、これは正しい。


 私はセカンダリ市場参加者です。といっても、今年の3月以降はほとんど取引はやってないです。まあ今後、失業したりとか、或いは気が向いたらまたやるとは思いますが。所詮はサラリーマンの副業だし。


「副業」とはいうものの、これ結構大変です。副業だなんて思って気軽にやると、確実に本業の人に負けます。で、すぐに懲りてやめられればいいですけど。負けを取り返すまでやめられない!とか、絶対に儲けてやる、勝つまでやる、とかいうタイプの方はなかなかやめられません。まあ、カネが無くなってしまえば続けたくても出来なくなりますけど。

 たかが副業だとしても、相当な覚悟を決めて、真剣にやらないと勝てません。気軽にやるべきではありません。それでは絶対負けるので。これから始めよう、という方は、よ~く考えてから始めて下さい。個人的には、今から始めるというのは最悪のタイミングと思います。遅過ぎ。あ、FXはわかりません。

たかが副業でもどのくらい真剣にやるべきか

 私の場合は弊ブログを見て頂ければお分かり頂ける、かどうか、解りませんが、マクロ的なアプローチを取ります。私の場合、性格上そういうやり方でないと勝てない。

 結構大変です。朝はシンガポールのスタート相場から確認、昼間は東証が気になるし、夕刻以降は大証先物が気になるしロンドンも始まるし。夜間はNYダウとかシカゴの先物。まあ、アメリカは寝る前に確認しておくくらいでいいかもしれませんが。動きがありそうなときは、夜中でもある程度見張っておかないと。全部見て研究しておかないと、相当厳しいと思います。片手間に軽く、なんて考えていると、いいカモにされてしまいます。

ブログどころではありません。

私の場合、何も知らずに最悪のタイミングで始めてしまい、含み損額は最大で300万円くらいはいっていたと思う。

なぜマネーゲームを始めたのか

 始めた切っ掛けは、その上で見たブログの内容そのまんまでした。単に貯金しておくだけとかもったいない。せっかく儲ける機会があるのに。Y銀行のセールスのお姉さんがそう言うんです。私もこのファンドを持ってるんですよ、なんて言われて。そうなのかー!!とファンドを購入したのが2006年頃だったかな。延べ500万円ほど買い入れました。世界分散型ファンドってヤツで、株式、国債不動産投信REIT)複合型。投資先が世界中、かつ項目も多岐にわたるので、安全性も非常に高いと。そういうたぐいのファンドでした。ところが。

2007~8年のサブプライムバブル崩壊からリーマンブラザーズの倒産で激しく値落ち。評価額はあれよあれよという間に、なんと260万円くらいまで落ちましたよ。

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

……ローリスク商品だったハズなのにぃぃぃぃ……!


それでもまあ、しばらく我慢していればまた戻るだろう、と放置していました。しかし、300万円台前半で固まったまま、一向に戻る気配がない。のでしびれを切らし、2009年辺りから意を決してさらにカネをつぎ込み、自らトレードを始めました。俺の金をいい加減なファンド会社なんかに任せておけるか!こういうのは自分でやらないとダメだ!

経済事情もよく解らぬままに……

(続きを書くか決めていません)



※ 素人には無理!バフェットの投資術!!

株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法